エスタ店屋上排気筒からのアスベスト含有物飛散の疑いについて

平成30年6月30日
札幌駅総合開発株式会社

エスタ店屋上排気筒からのアスベスト含有物飛散の疑いについて

 昨日(6月29日)15時04分頃、エスタ店地下3階非常用発電機室において、非常用発電機の試験運転の際、排気筒内の異常燃焼により、屋上の排気筒から煤とともにアスベスト含有物の飛散の恐れが生じたことから、専門機関に調査を依頼しております。
なお、飛散物の除去等につきましては、関係機関のご指導をいただき対応しております。
エスタ店ご利用のお客様、周辺施設の皆様、関係の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。


1 発生日時 平成30年6月29日(金)15時04分頃

2 発生場所 エスタ店 地下3階非常用発電機室
札幌市中央区北5条西2丁目

3 概  況 昨日(6月29日)15時04分頃、エスタ店地下3階非常用発電機室において、非常用発電機の年次点検が終了し、試験運転を行うため発電機のスイッチを入れたところ、大きな音が発生したことから、発電機を停止させました。
また、同時期に防災センターにおいて警報を感知しました。
その影響により、地下3階から排気筒を通り、屋上へ達した煙とともに煤などが、2階デッキなどに飛散しました。
現在、専門機関に飛散物のアスベスト含有について調査を依頼しております。
なお、消防署の調査により、火災現象はありませんでした。
お客様にお怪我はありませんでした。

4 原  因 非常用発電機排気筒内で異常燃焼が発生し、排気筒内の断熱材として使用していたアスベスト含有物が飛散したと思われますが、現在調査中です。

5 対  応 飛散防止のため、現在、屋上の排気筒を塞いでおります。また、昨日、札幌市(環境局環境対策課)・札幌中央労働基準監督署へ報告し、関係機関のご指導を受け、飛散エリアを閉鎖するとともに飛散物の除去を終了しております。
なお、当該排気筒は昭和53年設置であるため、アスベスト含有の可能性があることから、現在、専門機関に調査を依頼しております。



以上


お問い合わせ 札幌駅総合開発株式会社 総務部 011-209-5057



トップに戻る