ショップニュース

6/14更新

「JRタワー・アートプラネッツ2019 若きstorytellers 北の絵画のいま」開催のご案内

 JRタワーでは、北海道のアートシーンに光彩を放つアーティストたちを惑星(プラネット)になぞらえ、
その優れた作品を紹介する美術展「JRタワー・アートプラネッツ」展を2009年からプラニスホールにて開催してきました。

 11回目を迎える今年は、“物語性”と“絵画”をテーマに、北海道における絵画表現の新たな発見と、幻想的で不可思議な表現世界の魅力をご紹介します。
 本展の出品作家は、近年、絵画制作で飛躍的に活躍されている、北海道ゆかりの作家16名です。個々の作品を通して、私たちが存在する現実世界には、「幻想」や「空想」という何らかの意識が確かに存在するということを画面から語りかけているように感じます。絵画作品から16通りの“物語”の世界へとご案内します。
 なお、7月6日(土)14時からは、出品作家によるギャラリートークを開催いたします。作品の世界観やその魅力について、詳しくお話いただける貴重な機会です。是非ご参加ください。



■期間:
2019年6月28日(金)~ 7月21日(日)会期中無休
10:00~19:00(入場は18:30まで)

■会場:
プラニスホール(札幌市中央区北5条西2丁目エスタ11階)

■入場料:
一般・高大生300円、中学生以下無料

■主催:
札幌駅総合開発株式会社、JRタワー・アートプラネッツ実行委員会

■出品作家:
飴屋晶貴、柏木健佑、川口巧海、クスミエリカ、酒森夏海、佐藤綾香、鈴木果澄、田中咲、千葉美香、津田光太郎、寺田朱里、中村まり子、舩岳紘行、本庄世奈、松山彩美、山崎麻乃 [50音順、敬称略]
※出品作品が変更となる場合がございます。

■お問合せ:
札幌駅総合開発株式会社 文化事業部 文化事業チーム
TEL:011-209-5075(寳地、佐藤、木藤)
 
  • 開催日時: 2019年6月28日(金)~ 7月21日(日)

トップに戻る