ウィンドウディスプレイ



バッカスのタピストリー 2007年 秋

葡萄の葉、蔓、実、そして枝を使って作り上げられたタピストリー。豊作を祝う場で使いたい壁掛けです。
その背後からは酒の神バッカスが顔を覗かせています。
全体を季節に相応しく黄金色とワインカラーで華やかに仕上げました。
秋の気配を色濃く出した物語風のディスプレイです。


八鳥治久氏 略歴

  • 1960年千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同年(株)和光入社。
    1970年から30年間ショーウィンドウ・ディスプレイを手掛ける。
    2000年、同社常務取締役を経て、八鳥治久デザイン事務所を設立。
    1980年、1991年日本ディスプレイデザイン賞最優秀賞。
    1972年より2000年にかけて、日本ディスプレイデザイン賞優秀賞11回、銀賞3回、銅賞4回、研究賞優秀賞。
    1974年 SDA賞銀賞等を受賞。
    現在はショーウィンドウ・ディスプレイ、ビジュアルマーチャンダイジング等の
    プランニング、ディレクション、デザインなどを手掛けている。

トップに戻る