ウィンドウディスプレイ

JRタワーの南口壁面を飾るウィンドウアートの連なり。札幌の表玄関を飾るシーズンアートをお楽しみください。



「キラメク冬を、想う。」 2016年 冬

冬の寒い日が続く、遠い星を眺めながら想いを馳せる。
いくつもの星を越えた先、雪の代わりに星が降る豊かな氷の王国が広がっている。
冷たい雪の代わりに、星の光が振り注ぐ惑星の物語。
光の恵みを得て楽園に暮らす色鮮やかな動物の生活がある。
星降る夜に、オーロラが現れ氷の世界を覆うとき、息づく動物達は虹色を纏い始める。
ショーウインドウでは架空の惑星の地表と海中のシーンを描きます。
物語を星とオーロラがシーンを繋いでいきます。

デザイン / 山田祐照
スポンジアート / ヨシカワゴエモン


トップに戻る