東日本大震災 平成26年支援活動報告

― 東日本大震災 平成26年支援活動報告 ―
1.募金活動
弊社JRタワーのアピア店、エスタ店、パセオ店、札幌ステラプレイス店の各インフォメーションカウンターにおいて、3月11日から9月30日まで募金活動を実施いたしましたところ、皆様から226,444円の義援金をお寄せいただき誠にありがとうございました。
 御厚志につきましては、10月9日に日本赤十字社 北海道支部に寄託いたしました。
 皆様からの温かいご支援に、心より厚く御礼申し上げます。 
写真2
弊社社長 佐藤より大崎事務局長へ

2.弊社独自の取り組み
(1)「3.11を忘れない」活動
弊社は、東日本大震災の支援活動の一環として、平成26年3月11日にJRタワーのアピア店、エスタ店、パセオ店、札幌ステラプレイス店に、ご来店されたお客様のお買い物やお食事などによる売上金の1%に当たる2,040,138円を義援金として、3月27日に日本赤十字社北海道支部に寄託いたしました。
写真1
弊社社長 佐藤より中島事務局長へ

(2)「ファイターズを応援して東北を支援しよう」と銘打った活動
  • 「ファイターズを応援して東北を支援しよう」と銘打って、北海道日本ハムファイターズの公式戦での成績に応じて義援金を拠出いたします。
     今シーズンの成績の73勝に対して730万円、またホームラン119本に対して119万円、計849万円を義援金として拠出いたしました。
     この義援金は、昨年と同様に東日本大震災で親を失った子供たちが、安定した生活を送り、希望する進路選択を実現できるよう支援の基金を開設している、岩手県、宮城県、福島県の3県の基金に12月16日17日に寄託いたしました。
    ・岩手県「いわての学び希望基金」 270万円
    ・宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」  489万円
    ・福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」 90万円

3.支援活動
  ・平成25年活動報告
  ・平成24年活動報告
  ・平成23年活動報告
札幌駅総合開発株式会社

トップに戻る