• トップメッセージ
  • 会社概要
  • 企業理念
  • プレスリリース
  • JRタワーについて
  • 中期経営計画の概要
  • ステークホルダーに対する姿勢
  • 採用情報

JRタワーについてABOUT JR TOWER

  • 開発の経過
  • 人にやさしい空間づくり
  • 環境対策
  • 空間デザイン
  • ロゴマークについて
  • 建物概要

建物概要

建物名称 JRタワー
所在地 札幌市中央区北5条西2丁目・3丁目・4丁目
用途 駅関連施設、店舗、ホテル、オフィス、シネマコンプレックス、展望室、駐車場施設、地域冷暖房施設
地域・地区 商業地域、防火地域、高度利用地区
構造規模 RC造、SRC造、S造/地上38階、地下4階
敷地面積 約65,500m2(鉄道高架敷地、札幌ターミナルビル敷地を含む)
延床面積 約276,000m2
(駅関連施設3,000m2 、商業施設58,000m2 、ホテル21,000m2 、シネマコンプレックス10,000m2 、 オフィス31,000m2 、展望室1,000m2 、百貨店68,000m2 、駐車場45,000m2 、地域冷暖房施設5,000m2 、 その他34,000m2 )
高さ 173m(屋上ヘリポート)
駐車場 約1,100台
建設期間 2000年1月~2003年1月
事業主体 札幌駅南口開発株式会社(現在 札幌駅総合開発株式会社)
朝日生命保険相互会社
北海道旅客鉄道株式会社
株式会社大丸

ページトップへ このページのトップへ

トップに戻る