アートボックス



アートボックスとは?

アートボックスは、新人作家の育成というコンセプトのもと、2009年から展示を開始し、新人作家の方々へ新たな発表の場を提供するとともに、パブリックな空間を行き交うお客様にアートを楽しんでいただいております。
3月1日からスタートした第56回目の展示は、作家指名で選定された、大橋鉄郎さんの「モデルルーム」です。
出来事や物事、知識や事件等を表層だけで判断して、深く踏み込まずに流すように受け取ることに着目し、表層のみを強調した立体など、本質の在り処がどこにあるのかを問いかけています。
更なる活躍が期待される大橋さんの作品を是非この機会にご覧ください。
 


展示期間:2022年3月1日(火)~2022年8月31日(水)

場所:JRタワー1階 東コンコース


モデルルーム

(作家コメント)
あらゆる家具にテクスチャが貼られ、オシャレさを演出し、カフェの床面さえも木のフリをした印刷物であるこの生活を送る中で、フェイクが当たり前だという感覚が無意識に培われていました。

それはまるで、物事の表層だけで判断し、深く踏み込まずに流すように消費するような情報の受け取り方をする、今の私たちの態度にも現れているのかも知れません。

本作はペーパークラフトの要領で制作した表面的なテクスチャだけの家財道具で構成されています。
表層だけの家財道具は、生活の中に溶け込み、私たちのリアルを薄く浅いものにしていくのです。
 


大橋 鉄郎(おおはし てつろう) (2022年3月現在)

    ■略歴
    北海道札幌市生まれ。出来事や物事、知識や事件に対して表層を撫でるように見るかのような現代のイメージの受け取り方に着目し作品を制作している。
    2022年「 (((((,」 駒込倉庫 Komagome SOKO/東京都
    2021年「 これが正解です(か?)」 網走市立美術館/網走市
    2020年「 500m美術鑑賞入選展」 500m美術館/札幌市

     

トップに戻る