アートボックス



アートボックスとは?

札幌駅総合開発株式会社は、JRタワー開業以来「JRタワーアートプロジェクト」を展開しています。「アートボックス」は、その一環として、北海道のアーティストたちに新たな発表の場を提供することを目的に、2008年からJRタワー1階東コンコースに設置した展示スペースです。公募作品から選定された優秀作品を、順次展示しています。
今年度、第4回目の展示は、佐藤あゆみ「ここにしかみえない」です。アートボッックが設置されている駅空間は、より多くの人々が存在する空間で、佐藤は、その場所を複雑な形であったり美しく感じる空間と捉え、その人々の複雑さやまっすぐな美しさを鉄線で描く根や、芽で表現をしています。緑や光沢のある芽から、みる人に春を感じていただける作品です。是非この機会に作品をご覧下さい。
 


展示期間:2018年3月1日(木)~2018年5月31日(木)

場所:JRタワー1階 東コンコース


ここにしかみえない

(作家コメント)
私は、植物たちの様子を想像し切り取り、
ガラスの中に入れて覗いてみる。
雪の下ではどんなドラマが起きているのだろうか?
ここで生きていく植物たちの根と芽は、
冬の間、雪の下で春を待ち力づよく息をし、
複雑に伸びた根は意図的にくっつき、絡み合う。
根とは違い、葉は春に向けた青空に向けてまっすぐに上をみる。
雪どけを待つ気持ちを作品にしました。


佐藤 あゆみ(さとう あゆみ) (2018年3月現在)

    ■略歴
    1986年 札幌市生まれ
    2008年 北海道教育大学札幌校 芸術文化課程美術コース木材造形研究室 卒業
    2010年 北海道教育大学大学院 教育学研究科教科教育専攻 美術教育専修(金属工芸)終了
    2013年 デザイン会社退職/(札幌)、2009年から共同の工房、アトリエBeehive/(札幌)で制作
    2013年 第88回 北海道美術協会展 協会賞
    2014年 第89回 北海道美術協会展 新会友
    2014年 [Sprouting-Garden-萌ゆる森]/関口雄揮記念美術館
    2014年 [薄明光線]個展/六花亭福住店
    2014年 [木と鉄のしごと]二人展/東京galleria-ACCa
    2015年 第90回 北海道美術協会展 会友賞
    2017年 第92回 北海道美術協会展 新会員

     

トップに戻る