第357回 そらのコンサート

4月27日(金)20:00開演
JRタワー展望室T38
●通常の展望室入場料金のみでご鑑賞いただけます。

札幌の眺望点、JRタワー展望室T38では、毎月音楽でおもてなしする日を設けています。
360度に広がる夜景と星空の間でカップル、ご友人、ご家族とご一緒に素敵なひとときをお楽しみください。


♪今回の演奏
●鍋倉 郁子(ヴァイオリン)
北海道出身。1984年武蔵野音楽大学器楽学科弦楽器専攻を首席で卒業。同大学卒業演奏会、新人演奏会、読売新聞主催の新人演奏会などに出演。1984年4月より札幌交響楽団に入団。(4年生在学中にオーケストラのオーデションに合格)1992年フランスのプラドでのパブロ・カザルス音楽セミナーに参加、最終日の室内楽オーケストラに選抜出演。2003年10月札幌交響楽団を退団。フリーとして沼津を中心に演奏活動を。オーケストラ在団中は室内楽・ソロなどでTV、CM、イベント企画コンサートなど幅広く活躍。2010年第24回沼津交響楽団定期演奏会にてソリストを務める。佐々木茂生、ラスロ・コーテ、ヤノシュ・マテー各氏に師事。現在、日本演奏連盟会員。


●宮下 祥子(ギター)
7歳よりギターを始める。ギターを渋谷忠三、福田進一、P.シュタイドルに師事。音楽理論を作曲家の木村雅信、蛯子元に師事。クラシカルギターコンクール(東京)優勝。A・セゴビア国際ギターコンクール(スペイン)第2位。キジアーナ音楽院で最優秀ディプロマを授与される。ヨーロッパなど世界12ヶ国32都市で公演を行う。井上ひさし氏の指名により新国立劇場における朗読劇「少年口伝隊一九四五」にギター生演奏で出演、再演が続いている。NHKの朗読番組の音楽を担当するなどアナウンサーとの共演も多い。2011年、札幌交響楽団と「アランフェス協奏曲」を共演。4枚目となるアルバム「LeDepart~旅立ち」をリリース、Yahoo音楽ソフト器楽部門の売れ筋ランキングで第1位を記録、「レコード芸術」誌において“特選盤”並びに”優秀録音盤“に選ばれ好評を得る。札幌市民芸術祭大賞受賞、第20回道銀芸術文化奨励賞受賞。札幌大谷大学非常勤講師。北海道大学卒業。


♪プログラム
「情熱と哀愁のタンゴ」
★ブエノスアイレス組曲 より Ⅰ POMPEYA / M.D.プホール
                                        Ⅱ PALERMO / M.D.プホール
★アヴェ マリア / A.ピアソラ
★チキリン デ バチン / A.ピアソラ
★タンゴの歴史 より カフェ1930 / A.ピアソラ
                       現代のコンサート / A.ピアソラ

※曲目・曲順が変更になる場合がございます。予めご了承ください。


●5月の開催日 /11日[金]、25日[金]
 

一覧へ戻る  トップへ戻る