ウィンドウディスプレイ



雪鶴 2007年 冬

冬のディスプレイはクリスマスとお正月の二つのイベントを祝うためのものになります。そこで鶴を主人公にしました。
東西を問わず、長寿の鳥、おめでたい鳥とされているからです。その鳥を雪で表現してみました。
雪の円盤の中から飛び出してくる雪の鶴、鶴の舞いの展開です。
ライトを受けてきらきらと白く輝いて見えます。周囲のブルーの色がその白を際立たせて見せるでしょう。


八鳥治久氏 略歴

  • 1960年千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同年(株)和光入社。
    1970年から30年間ショーウィンドウ・ディスプレイを手掛ける。
    2000年、同社常務取締役を経て、八鳥治久デザイン事務所を設立。
    1980年、1991年日本ディスプレイデザイン賞最優秀賞。
    1972年より2000年にかけて、日本ディスプレイデザイン賞優秀賞11回、銀賞3回、銅賞4回、研究賞優秀賞。
    1974年 SDA賞銀賞等を受賞。
    現在はショーウィンドウ・ディスプレイ、ビジュアルマーチャンダイジング等の
    プランニング、ディレクション、デザインなどを手掛けている。

トップに戻る